5/25(土) 5/29(水)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
FAQ(よくある質問)
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。















Arrogance (Don Dixon) / Rumors
管理番号 2L-09917商品ID145126138
販売価格 3,280円(税込)
購入数

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2L-09917 - Arrogance (Don Dixon) / Rumors - 3,280円(税込)
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

*** LP : USA 1976 / Vanguard / VSD 79369 ***
■ コンディション ■
B+ / A-
ジャケット:四隅軽いスレ。上下辺薄スレちらほら、背表紙はきれい。表裏とも薄スレのみでまずまず。裏面左上にプロモの金箔押し。全体にA-寄りのしっかりとした良品です。
ディスク:レーベルはヒゲ無し。盤面は紙スレ程度の美品です。
レーベルにはプロモ表記はなし。
ヴァンガードのカンパニー内袋付属。

ドン・ディクソンを擁したノース・カロライナのアロガンス、76年のメジャーデビュー作「ルーモアズ」。
ドン・ディクソンは後にソロ活動の他、REMを始めプロデューサーとしても大活躍することになります。
彼らは73年の"Give Us a Break"、75年の"Prolepsis"とマイナーレーベルからの2作がレア盤として高値を呼んでいますが、本作もなかなか見かけないと思います。
中身は美メロがたっぷり詰まったフォークロックで、ほのかなルーツ色がよいアクセントになっています。
パワー・ポップ寄りのスワンプロックって感じもします。
ドン・ディクソン自身も深くかかわった80年代から90年代にかけてのギターポップのまさに原点ともいえる音作りが素晴らしいです。
オススメ!!

★試聴曲は別レコードの音源です。
A1 We Live To Play
Written-By Don Dixon
A2 Sunday Feeling
Written-By Robert Kirkland
A3 Final Nickel
Written-By Don Dixon
  Direct Link
A4 Two Good Legs
Written-By Robert Kirkland
A5 Dying To Know
Written-By Robert Kirkland
  Direct Link
A6 Open Window
Written-By Robert Kirkland
B1 Why Do You Love Me
Written-By Don Dixon
  Direct Link
B2 Lady Luck And Luxury
Written-By Don Dixon
B3 Pitchin' Woo
Written-By Robert Kirkland
B4 I Doubt It
Written-By Don Dixon
  Direct Link
B5 It's Sad (But You Can't Really Hear Me At All)
Written-By Don Dixon

Vocals Don Dixon, Robert Kirkland
Acoustic Guitar Robert Kirkland
Electric Guitar Robert Kirkland
Bass Don Dixon
Organ Marty Stout
Drums Scott Davison
Other [Calliope] Don Dixon, Marty Stout
Other [Tack Piano] Marty Stout
Percussion Don Dixon, Robert Kirkland, Scott Davison
Piano Marty Stout

Banjo Eric Weissberg (tracks: A4, B2)
Fiddle Larry Packer (2) (tracks: B3)
Guitar Don Dixon (tracks: B5)
Harmonica Don Brooks (tracks: A2, B1)
Viola Julien C. Barber*
Violin Ann Barak, Charles Libove, John Pintavalle, Matthew Raimondi, Sanford Allen

Producer John Anthony
Arranged By [Strings Arranged And Conducted By] Don Dixon
Concertmaster Sanford Allen
Engineer Jeff Zaraya
Art Direction Jules Halfant
Design Jules Halfant
Photography By Frank Kolleogy
Production Manager [Production Supervisor] Ann Purtill
Management [Personal Management And Guidance] Randy Crittenton

Recorded at Vanguard's 23rd Street Studio, New York City.

Special thanks to Linda Batts and Wayne Jernigan.


※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文受付のメールが届かない場合
ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。このメールが届かない場合はサイトのお問い合わせからお電話番号を添えてその旨ご連絡ください。
ご登録いただいたメールアドレスの入力間違いか、受信拒否設定をされていることが原因のことが多いです。
またまれにスマートフォンのキャリアメール(docomo.ne.jp, ezweb.ne.jp, softbank.ne.jp等)宛のメールが届かないことがあります。

Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品のカテゴリー
こちらもご覧ください  レコード:米国 ロック
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける