12/7(水) 12/10(土)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
FAQ(よくある質問)
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。



















Bent Wind / Sussex
管理番号 3L-00757商品ID18212222
販売価格 6,580円(税込)
購入数

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


3L-00757 - Bent Wind / Sussex - 6,580円(税込)
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

*** LP : USA / 92 (68) / Del Val / DV007 ***
■ コンディション ■
A- / A-
自主制作感を発散する、白い箱にジャケットを貼ってあるだけの、チープなジャケットです。
SPSE ; 極厚ジャケットの底が4cmほど割れています(修復可能です)。
TOC-I ; 裏ジャケット左上に5mm×2.5cmほどセロテープが貼ってあり、数ミリの破れがあるので「A-」にしました。
裏ジャケット全体に薄い擦れがあります。
盤面にはひげも気になる擦れもなく、中古としては申し分のないコンディションです。

トロント出身の4人組で、カナディアン・ヘヴィサイケを代表するバンドが残したアルバムで、オリジナルは300枚しかない激レア盤です。
「オリジナルは300枚もあるのか」と思われるでしょうが、例のレアレコ本では最難関の評価……Search Partyのようにプレスはされていても、何らかの事情があってオリジナルはほとんど現存しないのでしょう。
これは92年の再発盤ですが、激レアすぎるオリジナルに忠実なジャケットです(現状のCDのジャケットじゃ、雰囲気が伝わらんわね)。
久し振りに聴きましたが、絵に描いたような強烈キラー・ギター・サイケで、Fuzzのやかましいことこの上なくて最高なことに加えて、自主制作盤ならではの音の籠り具合も最高です。
註)サイケにしても英国フォークにしても「自主制作」の世界では、音の悪さが誉め言葉になる倒錯の世界……だけどリマスタリングされると音がスッキリしすぎで稚拙さが目立ち、魅力半減なのも事実なんです。
むやみに深いリバーブにヘンテコなエフェクトは「ガレージ」とか「地下室」というイメージがぴったりで、アンダーグラウンドなムードが横溢するグレート・ダウナーヘヴィサイケです。
ファズ・ギターが強引に引っ張っていく曲が中心なんだけど、情感たっぷりの静か目の曲もあって、そのコントラストが絶妙なんですよ。
【収録曲】
A-1. Touch Of Red (Roth)
A-2. Riverside (Gibas/Roth)
A-3. The Lion (Gibas/Roth)
A-4. Going To The City (Gibas)
A-5. Hate (Roth)
B-1. Look At Love (Gibas)
B-2. Castles Made Of Man (Roth)
B-3. Mistify (Gibas)
B-4. Sacred Cows (Gibas)
【参加ミュージシャン】
Jerrmy Gibas ; Lead Guitar, Vocal
Marty Roth ; Rhythm Guitar, Vocal
Sebastian Pelaia ; Bass
Eddie Thomas ; Drums



※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★重要なお知らせ★
スマートフォンのキャリアメール(docomo.ne.jp, ezweb.ne.jp, softbank.ne.jp等)宛のメールが届かないという事象が度々発生しております。
・ご注文直後の【◎DISK-MARKET】 ご注文ありがとうございます(自動配信)
・ご注文確定の【◎DISK-MARKET】 ご注文確定のお知らせです
これらのメールが届かない場合はサイトのお問い合わせからメールが届かない旨ご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品のカテゴリー
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける