8/24(土)  8/28(水)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
当サイトへのリンク
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。



















Al Jones / Alun Ashworth - Jones
管理番号 2L-07082商品ID109219116
販売価格 17,800円(税込)
購入数

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2L-07082 - Al Jones / Alun Ashworth - Jones - 17,800円(税込)
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

*** LP : UK 1970 / CBS / 66246 ***
■ コンディション ■
B+ / A-
ジャケット:正面のみラミネートコーティングされたタイプ。裏面は糊代が折り返されたフリップバック仕様。四隅スレ。正面は薄っすらとリングウェア状にラミネートの表面のくすみ。非コーティングの裏面は折り返しの貼際に汚れの付着がありますが、スレも汚れも極少でなかなかきれい。左上にプライス書き込み(黒字に黒なのでほとんどわかりません)。中央右寄りに赤の"D1"スタンプ。
ディスク:レーベルは微細なヒゲがほんの少しちょろ。盤面は紙スレ程度の美品です。
マトリクスはYEX 733-1 / YEX 734-1。
パテントNo.入り穴開きポリ内貼り内袋付属。

60年代末から70年代にかけてアルバムを2枚だけ残した伝説のフォークシンガー、アル・ジョーンズの1stです。
72年のVillage Thingからの2nd"Jonesville"が虚飾を排したいかにも70年代的なというかヴィレッジシング的なシンガーソングライター作品だったのに対して、この1stはジャケットの写真からしてもろに芝居がかった「虚飾」の世界を垣間見せてくれる60年代的なアシッドフォーク作品です。
根っこにあるのは美しく純なフォークながら、宙を舞うフルートやヴァイオリンがいやがおうにも妖しいアシッド感を盛り立てています。
プロデュースはサンディ・ロバートソン!セプテムバー・プロダクション制作の栄光の激レア盤として貫禄も十分な逸品です。それにしてもこのジャケットは最高ですね。

激レアな英国オリジナル盤。



[A]
Siamese Cat
Come Join My Orchestra
Ire and Spottiswoad
Tramp
Sarah in the Isle of Wight
[B]
What I Was Thinking (Take 2)
River Bend (Instrumental)
Railway Lines
Big City

Al Jones - vocals, guitar
Mike Piggott - violin
Harold McNair - flute
Gordon Huntley - steel guitar
Percy Jones - electric bass
Spike Heatley - string bass
Brian Dobson - drums, percussion

Recorded 5?13 March 1969 at Sound Techniques, London
Produed By Sandy Roberton - September production.

※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品のカテゴリー
こちらもご覧ください  レコード:英国 SSW / フォークロック
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける