11/25(水) 11/28(土)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
当サイトへのリンク
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















成田ヒロシ / 何不自由のない街で
管理番号 2C-01031商品ID12531205
販売価格 2,500円(税込)
購入数

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2C-01031 - 成田ヒロシ / 何不自由のない街で - 2,500円(税込)
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

*** CD : Japan 2009 / アトリエ光と風 ***

■新品CD■
メール便160円でお送りします。+315円で代引きも可。
新譜/新品です。写真は開封してありますが、お届けするものはもちろん未開封品です。

ひょんなことから聴く機会に恵まれたこの作品。
素晴らしい出来なので、成田氏ご本人にお願いして、あつかわせていただくことになりました。

成田ヒロシ。詩人。造形作家。
愛知県生まれ。アトリエ光と風代表。オリジナル家具、空間デザインの企画・制作を行うかたわら、絵画から立体造形作品まで幅広い創作活動を展開。
94年シュヴァルの連作画を発表し、95年詩集『消えた足跡』を出版した。また映画『老親』の美術・舞台美術を担当。横浜みなとみらいワールド・ポーターズでは「ハイカラ横丁」のデザイン・制作を手がけ、話題を集める。

・・・といったところが公式プロフィールです。
これだけ読むと当店には思いっきりそぐわないと言うか、場違いな雰囲気と言うか、詩人や画家が何かかん違いして作ってしまったというか、つまらない気どった「お芸術」は勘弁してくれよ!と逃げ出す人もいそうですよね。
心配ご無用。
どこかで聞いたことのある名前だなと思った方もいるのでは?
そう、南正人のデビュー時からの盟友であり、南の諸作で作詞やプロデュースにも関係していたあの「成田ヒロシ」です。
その昔、放送禁止/発禁となった南の名作「赤い花」も成田作詞のもの。

    赤い花をつむ少女
    歌を忘れた犯された少女
    真夜中の部屋の中
    少女は猫に針をのませます

つげ義春の「紅い花」のイメージとも呼応して、まるで三上寛が歌いそうなこのうた・・・
こんな鮮烈な詞を書く人でした。

ここで取り上げるCD「何不自由のない街で」は、成田ヒロシの初アルバムで、いわゆるポエトリー・リーディングの作品です。
私は、詩の朗読と言うと、Jesse Ed DavisがバックをつとめたJohn Trudellぐらいしか聴いたことはありませんでした。「何不自由のない街で」も正直言って、はたしていかなるものなのかあまり期待せずに恐る恐る聴いてみたところ・・・、余計な心配は一切無用でしたね。
豊かな「うた」の世界が、鮮やかな光彩を放ちながら眼前に広がっていくさまは、実に感動的!
つまらないBGMをバックに石坂浩二が詩を朗読する、といった類のものを想像していた方はご安心ください。そんなのとはまったくの別物です。

John Trudellも普通に「音楽」として楽しめましたが、この「何不自由のない街で」もたしかに詩の朗読ではあるものの、その手触りは良質のシンガー・ソングライター作品そのものと言ってよいでしょう。優れたSSW作品を聴いているときのあの感覚。聴くものの内に「うた」が染みわたっていく、あの素晴らしい感動がこの作品にはあります。
SSWモノの傑作とはっきり断言できるものです。
友部正人あたりも詩の朗読に凝っているという話も聞くし、ポエトリー・リーディングというものに対して少し認識を新たにしました。

バックは古田勘一(ギター)、笠井由紀子(ピアノ)の二人のみ。
全8曲の作曲/編曲もこの2人がやってます。

   1.ほんの少しだけ
   2.きのう今日あした
   3.歩いてみないか
   4.今夜は眠れそうにない
   5.何不自由のない街で
   6.ダンボール箱
   7.父さんのエレジー
   8.合い鍵

古田勘一も南正人つながりですね。
初期の南バンドにおけるこの人の、まるで魂が沸騰したかのような、火を噴くスライド・ギターを私は愛してやみません!その後の30年間どのような活動をしてきたのかは知りませんが、思わぬところであい変らず達者なギターを聴くことができてうれしい限り。
さすがにここでは火を噴くというわけにはいきませんが、ロバート・ジョンスン・スタイルのブルースナンバーはもちろんのこと、多くの曲で素晴らしいスライド・プレイを聴かせてくれます。これもまたこの作品の聴きどころです。
ピアノの笠井由紀子という人は私は知りません。若手のジャズピアニストなのかな?リリカルな曲からブルースナンバーまで見事に弾き分けています。

さて、このCD、私家版のようなもので、インディーズ・ルートはおろかリアル/ネットを問わずレコード/CDショップではおそらく当店のみの販売です。そもそもが品番もバーコードもないので、普通のショップでは在庫管理もできないよね。
そんなわけで売る気のなさ満開のこのCDですが、中身はホンモノ!
当店の大推薦盤です!ぜひご賞味ください!!


※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品のカテゴリー
こちらもご覧ください  新譜 / 新品コーナー
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける