7/21(土)  7/25(水)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
当サイトへのリンク
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォン、携帯でも簡単に閲覧、ご購入ができます。



















Ronnie Hawkins / Ronnie Hawkins
管理番号 9L-00824商品ID131013128
在庫数 SOLD OUT

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


9L-00824 - Ronnie Hawkins / Ronnie Hawkins - Sold Out
この商品は売り切れですが、再入荷している場合もございます。
アーティスト名等で検索してみてください。
*** LP : USA 1970 / Cotillion / SD 9013 ***
■ コンディション ■
A- / A- / DH
ジャケット:右下ドリルホール。四隅、四辺はわずかな微スレのみできれい。正面はとてもきれい。白地の裏面は薄スレ/薄汚れ少々でまずまず。全体に軽い使用感のみでぴんとした美品です。
ディスク:レーベルはヒゲ無し。盤面は紙スレ程度でとてもきれいですが、B3に小さなうす傷があり1回軽いプツ音を生じます。

ロニー・ホーキンスの70年作。
いうまでもなく、デビュー前のザ・バンドの面々がザ・ホークスとしてバックを付けていたことで有名なロッカーですが、本作は充実のスワンプ名盤です。
マッスルショールズに乗り込み、ジェリー・ウェクスラーとトム・ダウドのプロデュースの元、ジミー・ジョンソン、バリー・ベケット、デヴィッド・フッド、ロジャー・ホウキンスのマッスルショールズ・リズム・セクションの他エディー・ヒントンやデュアン・オールマンが全面サポート。
ボブ・ディラン、ゴードン・ライトフット、ジェリー・ジェフ・ウォーカーのカヴァー他全編素晴らしいのですが、本作を有名にしたのはなんといっても、デュアン・オールマンのダーティなスライドギターがうなりをあげる「ダウン・イン・ジ・アレイ」でしょう。名演です。
スワンプファンなら必聴、必携の名作かと思います。
超強力推薦盤!!





A-1 One More Night (Bob Dylan) 2:21
A-2 Bitter Green (Gordon Lightfoot) 1:56
A-3 I May Never Get to Heaven (Buddy Killen, Bill Anderson) 3:47
A-4 Will the Circle Be Unbroken (Traditional) 2:52
A-5 Matchbox (Carl Perkins) 3:07
A-6 Little Bird (Jerry Jeff Walker) 2:19
B-1 One Too Many Mornings (Bob Dylan) 3:19
B-2 Forty Days (Chuck Berry) 3:32
B-3 Down in the Alley 5:10
B-4 Who Do You Love? (Ellis McDaniel) 2:14
B-6 Home from the Forest (Gordon Lightfoot) 3:35

Ronnie Hawkins Vocals
Duane Allman ; Guitar
Eddie Hinton ; Guitar
Jimmy Johnson ; Guitar
Barry Beckett ; Keyboards
Scott Cushnie ; Keyboards
Roger Hawkins ; Drums
David Hood ; Bass
King Bisuit Boy ; Harmonica
Produced by Jerry Wexler & Tom Dowd

※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける