9/22(土)  9/26(水)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
当サイトへのリンク
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォン、携帯でも簡単に閲覧、ご購入ができます。



















Bread Love And Dreams / Bread Love And Dreams (UK Matrix1)
管理番号 2L-08643商品ID132637898
販売価格 29,800円(税込)
購入数

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2L-08643 - Bread Love And Dreams / Bread Love And Dreams (UK Matrix1) - 29,800円(税込)
*** LP : UK 1969 / Decca / SKL.5008 ***
■ コンディション ■
B+ / A- / WOC
ジャケット:正面ラミネート・コーティングの施されたジャケット。ラミネートはくすみ、薄汚れが出ていますが、つやも十分あります。主に周辺部にシワ、中央上部防止の上辺りに小さな書き込み。非コーティングの裏面は黒地のためスレが少々目立ちます。右上にMONO-STEREOのインジケーター丸穴。
ディスク:レーベルは微細なヒゲがほんの少し。盤面は薄スレちらほらの美品です。試聴の結果も上々でところどころで軽いチリプチがあるぐらいで良好に鑑賞できます。
マトリクスは。
ZAL-8981.P-1W
ZAL-8982.P-1W
デッカの穴開きビニール内貼りステレオ用ブルーの内袋付属。

ブレッド・ラヴ・アンド・ドリームスのデビュー作。
激レアな3rdばかりに人気が集まるブレッド・ラヴ・アンド・ドリームスですが、あまりにもプログレしていてどうも苦手な方は多いはずです。
私自身の好みもドリーミーなアシッド・フォーク臭の漂う、この69年の1枚目が最も好きなんだよね。
しかも本作後にも2枚のアルバムを残していますが、女性ヴォーカル本作発表後に1人は脱退しまったため、男1人女2人による幻惑的で虚ろな雰囲気が漂いますが、適度にポップで、聴きやすい必殺の英国アシッド・フォークです。
また、ぶっきらぼうな歌いっぱなし状態の声と可愛らしい声という女性ヴォーカルの対比が絶妙なんですよ。
さて、グラスゴー育ちで西スコットランドで多くのバンドに参加していたというデヴィッド・マクニーヴンが、ある晩アンジー・リューとキャロリン・デイヴィス―と知り合ったことから、ブレッド・ラヴ・アンド・ドリームスの物語は始ります。
その時までにデヴィッド・マクニーヴンはレナード・コーエン、インクレディブル・ストリング・バンド、バート・ヤンシュなどを心酔していたそうですから、そこに69年という時代背景を加えれば、本作の内容は分かったようなものですね(蛇足ながら、本作から2nd、3rdと聴いていくと、サイケからプログレが派生した事実も伺えます)。
ほぼ全曲で(主に)後半に安っぽいストリングスが被さってくるのが、唯一の難点かな?
あまり語られませんが、愛すべき名盤です!
アシッドフォーク・ファン、フィメールフォーク・ファンともに満足の一枚かと思います。

激レアな英国オリジナル盤。



盤質チェックを兼ねながら、簡単に印象を記してみたいと思います。
A-1「Switch Out The Sun」とA-2「Virgin Kiss」は爽やかなアコギのアルペジオと男性ヴォーカルに女性コーラスが木霊する正統派フォークで、A-2で男ヴォーカルがボブ・ディランを気取っているのがおかしいです。
A-3「The Least Said」は「待っていました!」の女性の1人がリードを取り、もう1人の女性が絹糸のようなコーラスをつける儚いアシッド・フォークで、本作の最初のハイライトです。
A-4「Falling Over Backwards」は、A-1とA-2と同じタイプの曲です。
A-5「Lady Of The Night」は、女性の1人がリードを取る子守唄のように安らぎを覚える曲で、ハープの伴奏が実に効果的です。
A-6「Man Street」は一転してジャグっぽい賑やかな曲ですが、やっぱり女性2人のコーラスが麗しすぎるのですよ。
B-1「Artifical Light」は「渚のボードウォーク」を思い出してしまうポップなフォーク・ロックのA-3に似たタイプの曲で、大好きな曲です
B-2「Until She Needs You」は女性ヴォーカルが朗々と歌うスタンダード風のアシッド・バラッド?
B-3「Mirrors」はのっけから珠玉の男1人女2人による幻惑的コーラスが聴ける英国伝承歌(「Mitty Groves」ですね)を踏襲した素晴らしい曲で、リードを取る男性ヴォーカルと終始寄り添う女性2人コーラスが羨ましい、「この曲を聞かずに英国フォーク・ロックを語るな!」と言いたくなっちゃうほど素敵です!
B-4「Poet's Song」は一転SSWタイプの曲ですが、女性ヴォーカルとコーラスに終始優しく寄り添うリコーダーの美しさは、「英国的」としか言えませんね。
B-5「The Yellow-Bellied Redback」は控え目ながらも厳かなイントロに始まり、頑張ってトーキング・ブルース・スタイルで歌う女性ヴォーカルを「思わず抱きしめたく」なっちゃいます。
B-6「95 Octane Gravy」はラグっぽい曲です。

A-1. Switch Out The Sun
A-2. Virgin Kiss
A-3. The Least Said
A-4. Falling Over Backwards
A-5. Lady Of The Night
A-6. Man Street
B-1. Artifical Light
B-2. Until She Needs You
B-3. Mirrors
B-4. Poet's Song
B-5. The Yellow-Bellied Redback
B-6. 95 Octane Gravy

Carolyn Davis ; Guitar, Vocals
David McNiven ; Guitar, Keyboards, Vocals
Angie Rew ; Flute, Vocals






※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品のカテゴリー
こちらもご覧ください  レコード:英国 SSW / フォークロック
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける