1/22(土) 1/26(水)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
FAQ(よくある質問)
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















Fool, The / The Fool (US)
管理番号 2L-10532商品ID148846898
販売価格 6,480円(税込)
購入数

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2L-10532 - Fool, The / The Fool (US) - 6,480円(税込)
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

*** LP : USA 1968 / Mercury / SR 61178 ***
■ コンディション ■
A- / A- / PH
ジャケット:見開き中面中央が取り出し口のユニパック仕様。四隅薄スレ。四辺は薄スレ少しでまずまず。中央部にドリルホールが2ヶ所、一つは貫通せず。表裏とも微スレ少しできれい、裏面にプライスシール。中面はとてもきれい。
ディスク:レーベルはヒゲ無し、ドリルホールが1つ、もうひとつ貫通せずに跡がついたのみ。盤面は薄スレちらほらの美品です。A1にこすったような跡が見られますが幸い音への影響はほとんどありません。

オランダ出身の男女デザイナーSimone PosthumaとMarijke Koger(ジャケット左の二人)を中心に結成された男女4人組「ザ・フール」が残した無国籍ポップ・サイケの万華鏡アルバム。
ビートルズの衣装デザインなどを手掛けていた彼らが、まだCrosby, Stills & Nashを結成する前のグレアム・ナッシュのプロデュースで制作したアルバムです。
なにやらキワモノ的な香りが漂いますが、音の方はなかなかの本格派ですのでご安心を。
Sgt. Pepper期のビートルズにアシッド・フォークを掛け合わせたというか、インクレディブル・ストリング・バンドにビートルズ的なポップ・サイケを掛け合わせたというべきか、そんな感じです。
全編通じてヒッピーフォーク的な無国籍感。浮遊感とポップ・サイケがはじける感じがたまりませんよ。
ちなみに中心メンバーの二人はSeemon & Marijkeとして72年にやはりグレアム・ナッシュのプロデュースで"Son Of America"という傑作を作っています。これも必聴。
素晴らしいジャケット・デザインがすべてを物語っているようなアルバムなので、このジャケットが好きという方にはまず間違い無しと思います。
強力オススメ。

米国盤。まずまずの美品です。
※ザ・フールの2ndとも言える名盤"Seemon & Marijke / Son Of America"も在庫していますので検索してみてください。



A1 Fly 2:25
A2 Voice On The Wind 5:24
A3 Rainbow Man 2:20
A4 Cry For Me 3:51
A5 No One Will Ever Know 2:50
B1 Reincarnation 4:06
B2 Hello Little Sister 2:00
B3 Keep On Pushin' 6:00
B4 Inside Your Mind 2:42
B5 Lay It Down 4:50

Arranged By, Conductor [Conducted By],  Written By - The Fool
Musician [The Fool] - Barry, Josje, Marijke, Seemon
Accompanied By [Musical Accompaniment] - The Magi
Producer - Graham Nash


※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品のカテゴリー
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける