1/19(水) 1/22(土)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
FAQ(よくある質問)
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















Dolores Keane / There Was A Maid (Ireland)
管理番号 2L-11883商品ID163307541
在庫数 SOLD OUT

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2L-11883 - Dolores Keane / There Was A Maid (Ireland) - Sold Out
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

この商品は売り切れですが、再入荷している場合もございます。
アーティスト名等で検索してみてください。
*** LP : Ireland 1978 / Claddagh / CC23 ***
■ コンディション ■
B+ / B / SOC SPSE WOC
ジャケット:正面のみラミネート加工された美しいジャケット。ラミネートの表面は僅かなくすみのみできれい。周辺部小シワ、右上に小さなシール。下辺開口部10cmほど割れ。白地の裏面は経年のシミが目立ちます、左上書き込み。
ディスク:レーベルはヒゲが少々。盤面は薄スレがそこそこ。A5に小傷がありぼうとうから中ほどまでプツ音を生じます。凶悪ではありませんがはっきりわかるレベルです。これ以外はおおむね良好に鑑賞できると思います。
マトリクスはA-2/B-2U。
パテントNo.入り内袋付属。

ドロレス・ケーンの記念すべきソロデビュー作「ゼア・ワズ・ア・メイド」。
デ・ダナンの歌姫、アイルランドの至宝、アイリッシュ・トラッド・シンガーの最高峰等々いろいろと言われますが、その後の風貌の変化を知るものにとってはずいぶんと可憐なジャケットに驚かされたりします。
それはともかく内容は保証済みの大名盤。
無伴奏もしくはごくシンプルな伴奏のみの歌ですが、ものすごい浸透力でしみわたっていきますよ。
ちなみに歌姫のソロ作なのにインストナンバーが数曲あるってのがアイルランドスタイルなのですね。
本作を聴いて何も感じることがない場合はトラッドはあきらめた方がいいかも・・・

オリジナル・アイルランド盤です。難あり特価です。がんがん聴くにはよいと思います。

★試聴曲は別レコードの音源です。
A1 The Generous Lover 4:21
A2 The Bantry Girl's Lament 4:18
  Direct Link
A3 T? Mo Cleamhneas Deanta 2:08
A4 Lord Gordon's Reel / The Laurel Bush 2:55
A5 Johnny And Molly 3:20
  Direct Link
A6 The Shaskeen Reel 2:25
B1 Lament For Owen Roe O'Neill 2:34
B2 Seven Yellow Gypsies 2:47
  Direct Link
B3 Tommy Coen's Reel 2:41
B4 There Was A Maid In Her Father's Garden 4:54
B5 The Carraroe Jig / Whelan's Jig 2:53
B6 The Bonnie Bunch Of Roses O 6:30

Vocals - Dolores Keane
Accompanied By - M?irtin Byrnes, Peadar Mercier, The Reel Union
Album notes by John Faulkner


※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける