1/27(水) 1/30(土)
今週は23日(土)ではなく22日(金)となります。
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
FAQ(よくある質問)
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















Vicki Brown / From The Inside
管理番号 3L-01199商品ID34391847
在庫数 SOLD OUT

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


3L-01199 - Vicki Brown / From The Inside - Sold Out
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

この商品は売り切れですが、再入荷している場合もございます。
アーティスト名等で検索してみてください。
*** LP : UK / 77 / Power Exchange / PXL-012 ***
■ コンディション ■
A / B+
ジャケットはコーティングの浮きもほとんどなく、中古としては申し分のないコンディションです。
盤面にはひげが1本あるだけなのですが、B-4に浅い傷があり、数回プチノイズを拾うので「B+」にしました(その曲以外は「A」です)。
ただしちょっとプレスが甘いようで、針圧が軽いと音飛びをする可能性があることを予めご承知置きください=針圧を重くすれば問題ありません。
PATENT NO.入り白インナーバッグ付属(破れなし)。

長年色々聴いてきたためか、最近では滅多なことでは驚かなくなってしまいましたが、本作は「今年初めて出会った衝撃」と申しておきましょう。
ブラウンズ・ホーム・ブリュー(Brown’s Home Brew)ファンは必携のシェル・タルミーがプロデュースした女性ヴォーカリスト、ヴィッキー・ブラウンの1stソロ・アルバムです。
ちょっと調べたら、ヴィッキーは70年代半ば以降、英国ではエルトン・ジョンやジョージ・ハリソンといった大物ミュージシャンのバック・ヴォーカルを担当する実力者だったのですね。
バックは夫のジョー・ブラウンを筆頭にBrown’s Home Brewのメンバーや、スティーヴ・マリオット、サックスのアレンジはメル・コリンズときますわ。
コテコテのスワンプを期待すると肩透かしを食らいますが、仄かなスワンプ風味を残した女性ヴォーカル・アルバムとして聴くと極上です(アメリカですが、同時期のリタ・クーリッジに通ずるサウンドと言えば、想像しやすいかもしれません)。
アルバム全体にシェル・タルミー好みの甘いアレンジが施されていますが、スティーヴ・マリオツトと思われる脈絡のないギターが強引に食い込んできたり、なによりもリズム隊が泥臭いのですよね。
スティーヴ・ファーガソンの隠れた名曲「Mama」他、有名曲をカヴァーしており、妙な例えですが「台湾料理屋で流れてきたテレサ・テンが北京語で歌う日本の演歌」を聴くとホッとする、そんな安らぎを与えてくれます。
なかでも胸キュンしちゃったのはA-5でして、リタ・クーリッジもお辞儀するほどスワンピー指数が高いです。
多くの有名アーティストのバック・ヴォーカルを担当してきた実力者のヴィッキーはなかなかの別嬪さんでして、Brown’s Home Brewもヴィッキーの艶っぽい写真をジャケットに使用していたら、「世界的な大スター」もしくは「(ただでさえ鬼畜価格な)Brown’s Home Brewの1stは吐き気を催すほどの高額レア盤」として崇拝されていたことでしょう。
どうでもいいことですが、裏ジャケットのヴィッキーはノーブラかしらん?
【収録曲】
A-1. From The Inside (Artie Wayne) 3:43
A-2. Blue-Finger Lou (Alan O’Day) 3:21
A-3. Mama (Steve Ferguson) 3:03
A-4. Walkin’ In The Sun (Jeff Barry) 3:40
A-5. Dream Baby (Condy Walker) 4:57
B-1. When Me And Roly Ruled The World (Patches) (Joe Brown) 3:57
B-2. Tennessee Waltz (Redd Stowart / Pee Wee King) 4:07
B-3. Let It Be Me (Gilbert Becaud) 3:19
B-4. (The Worst You Ever Gave Me Was) The Best I Ever Had (Danny & Rudy Hice) 3:49
B-5. Heartbreak Hotel (Axton / Durden / Presley) 4:18
【クレジット】
= The Band = Brown’s Home Brewの元メンバーには楽器の後に「*」を付けておきました。
Joe Brown ; Guitar, Mandoline, Slide *
John Field ; Conga
Dave Hynes ; Drums *
Nigel Jenkins ; Electric Guitar
Steve Marriott ; Organ, Electric Guitar, Harmonica
Roger MacKew ; Electric and Acoustic Guitar *
Tony Williams ; Drums *
Rick Wills ; Bass
Backing Vocals ; Madeline Bell, Simon Bell, Stevie Langer, Jim Levrton, Zoot Money, Joanne Stone, Liza Strike, Joy Yates
Produced by Shel Talmy
Sax Arrangement by Mel Collins


※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
★今週は23日(土)ではなく22日(金)の発送となりますのでご注意ください。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける