1/20(水) 1/23(土)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
FAQ(よくある質問)
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















Mike Heron's Reputation / Same (UK Matrix-1)
管理番号 2L-02792商品ID36280874
在庫数 SOLD OUT

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2L-02792 - Mike Heron's Reputation / Same (UK Matrix-1) - Sold Out
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

この商品は売り切れですが、再入荷している場合もございます。
アーティスト名等で検索してみてください。
*** LP : UK 1975 / Neighbourhood / NBH 80637 ***
■ コンディション ■
A- / A-
ジャケット:裏面上下薄いリングウェア出かかり。背表紙に沿ってシワが数か所。それ以外は軽い使用感のみの良品。
ディスク:ヒゲ無し。ごくわずかな使用感のみの美品。
マトリクスはA1/B1。

インクレディブル・ストリング・バンドのマイク・ヘロンのソロ2作目。
リチャード・トンプソン、エディー・ジョブソン、ダンカン・ブラウン等々豪華なバック陣に支えられて、最高のフォークロックを聴かせてくれます。
この人はISBの時代から「お前本当にアシッド・フォーキーかよ?」と突っ込みたくなるようなキャッチーな曲が多く、独特の伸びのあるしなやかなヴォーカルともあいまって、ある種ポップな側面を見せていました。
ソロになってからはそんな資質が全開で、この2ndはスワンプ臭を感じさせる曲、典型的な陰影のある英国流フォークロック等々、捨て曲なしの素晴らしい作品に仕上がっています。
冒頭の"Down On My Knees After Memphis"は絶好調のリチャード・トンプソンのギターが炸裂する強力作で、英国スワンプの名バンドMeal Ticketもカヴァーした名曲です。
英国オリジナル初期盤です。
あまり話題にならないのが不思議ですがまじいいですよ!フォークロックファンには絶対のオススメ!!

Mike Heron - Vocals, Guitar, Keyboards
Richard Thompson - Guitar
Duncan Browne - Guitar
Graham Forbes - Guitar
John Gilston - Drums
Barry Lee Harwood - Guitar
Tim Hinkley - Keyboards
Eddie Jobson - Violin
Benny King - Percussion
Krysia Kocjan - Vocals
Malcolm Le Maistre - Vocals
Ronnie Leahy - Keyboards
Melanie - Vocals
Amin Mohammed - Bass
John Mulkey - Bass
Ulf Ronquist - Guitar
Melanie Safka - Vocals
Linda Thompson - Vocals
Susie Watson-Taylor - Vocals
Robin Williamson - Vocals, Whistle
Roy Yeager - Percussion

※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける