1/23(土) 1/27(水)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
FAQ(よくある質問)
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















Fred Neil / Bleecker & MacDougal (UK Matrix-1)
管理番号 2L-02909商品ID37778058
在庫数 SOLD OUT

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2L-02909 - Fred Neil / Bleecker & MacDougal (UK Matrix-1) - Sold Out
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

この商品は売り切れですが、再入荷している場合もございます。
アーティスト名等で検索してみてください。
*** LP : UK 1965 / Elektra / EKS 7293 ***
■ コンディション ■
A / A-
ジャケット:両面フル・ラミネート・コーティングのとても美しいジャケットです。背表紙に沿ってラミネートの浮きが見られるのと、ラミネートの貼り際にわずかな汚れが付着している以外はぴかぴかの美品です。新品同様一歩手前、中古としてこれ以上を望むのはちょっと厳しいでしょう。
ディスク:レーベルにヒゲが2~3本。盤面自体はごく薄い紙擦れ程度が少しあるだけの美品です。
マトリクスは A1/B1。
パテントNo.入り穴開き内袋付属。

フレッド・ニールの記念すべきデビュー作「ブリーカー&マクドゥガル」。激レアな英国盤です。
独特のブルース解釈によるロック史、フォーク史に残る名盤でもありますね。
若き日のボブ・ディランがあこがれていた存在でもありました。
ディランがハーモニカを吹き、カレン・ダルトンとフレッド・ニールが一緒に歌っている有名な写真がありますが、本作を聴いているとあの写真の世界が目の前に現出したような不思議な感覚を覚えます。
源流というか、まさに基本中の基本がこの作品かと思います。



本品はフルラミネートがとても美しい激レアな英国盤。
めったにお目にかかれない美品です。
お見逃しなく!

"Bleecker & MacDougal" 2:14
"Blues on the Ceiling" 2:24
"Sweet Mama" 2:35
"Little Bit of Rain" 2:23
"Country Boy" 2:27
"Other Side to This Life" 2:56
"Mississippi Train" 2:14
"Travelin' Shoes" 2:18
"The Water is Wide" 4:18
"Yonder Comes the Blues" 1:52
"Candy Man" (Neil, Beverly "Ruby" Ross) 2:29
"Handful of Gimme" 2:15
"Gone Again" 3:13

Fred Neil - guitar, vocals
Pete Childs - dobro, guitar, baritone guitar
Felix Pappalardi - bass
Douglas Hatfield - bass
John Sebastian - harmonica

Producer: Gordon Anderson
Production Supervisor: Jac Holzman
Recording Engineer: Paul Rothchild
Art Direction: William S. Harvey
Photography: Mort Schuman
Liner Notes: Skip Weshner

※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける