12/5(土) 12/9(水)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
当サイトへのリンク
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















Hugh Hopper, Elton Dean, Alan Gowen, Dave Sheen (Soft Head) / Rough Element
管理番号 3L-01631商品ID49439228
販売価格 9,680円(税込)
購入数

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


3L-01631 - Hugh Hopper, Elton Dean, Alan Gowen, Dave Sheen (Soft Head) / Rough Element - 9,680円(税込)
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

*** LP : UK / 78 / Ogun / OG 527 ***
■ コンディション ■
A- / A
ジャケットに角打ちや抜けはないのですがコーティングが3辺3mm幅で中央に寄っており(コーティングの宿命ですね)、表ジャケット右上に3cm×1mmほどの汚れが、裏ジャケット下に3cm×1mmほど白く剥がれていますので「A-」の評価です。
盤面にはひげも気になる擦れもなく、中古としては申し分のないコンディションです。
PATENT NO.入り白インナーバッグ付属(破れなし)。

ヒュー・ホッパー、エルトン・ディーン、アラン・ゴウエン、デイヴ・シーン名義になっていますが、実体はソフト・ヘッドが残した78年に唯一のアルバムです。
4人名義になっているのは、元ソフト・マシーンのヒュー・ホッパーとエルトン・ディーンが、ナショナル・ヘルスを一時脱退したアラン・ガウエンと元デリヴァリーやゴングなどのピップ・パイルと組んだソフト・ヒープ(Soft Heap)でツアーに出る予定も、ピップ・パイルが不参加のために「ヴァーティゴ屈指のレア盤」として知られる元ベンのデイヴ・シーンが代役で参加したからなのでしょう。
内容は、ヒュー・ホッパーとエルトン・ディーンが牽引したソフト・マシーンの『6』(個人的にソフツでフェイヴァリットです)とチック・コレア率いる初期のリターン・トゥ・フォーエヴァーが融合したようなサウンドで、個人的にはたまらないものがあります。
何しろ耽溺なソフト・マシーン『6』のミニマム的な即興演奏に、アラン・ゴウエンのチープなエレピがリターン・トゥ・フォーエヴァーでの「カモメの飛翔」ような疾走感が加わるのだから、文句の付けようがありません。
変拍子多用のインプロヴィゼーションが主体の演奏なのですが全く嫌味はなく、エルトン・ディーンのサックスもいつになく官能的で、ジャズ・ロック好き方から正統派ジャズやフージョン・ファンまで広く支持される極めて高水準の内容でしょう。
また、一発録音のライブ録音が功を奏したようで、ラフながらも適度な緊張感があるのも素晴らしいです。
では、およそ20年ぶりに耳にした各曲の簡単な印象を記しておきます。
いやはや、素晴らしい!なんてもんじゃないですよ。
A-1「Seven For Lee」(8:51)はエルトン・ディーン作で、心地好いベースのリフと優しいテーマに乗っかってエルトン・ディーンのセクセロがリリカルに歌い上げる曲で、のっけからソフト・マシーン『6』と初期リターン・トゥ・フォーエヴァーとの奇跡的な融合を披露してくれます。名演。
A-2「Seven Drones」(4:25)はヒュー・ホッパー作で、海底からプクプクと沸いてくる泡のようなアラン・ゴウエンの操るシンセとエルトン・ディーンの官能的なアルト・サックスが美しく、歴史的大傑作『Cruel But Fair』のよう!
A-2からメロディーで奏でられるA-3「Remain So」はアラン・ゴウエン作で、A-1に続き初期リターン・トゥ・フォーエヴァーを彷彿とさせる繊細なメロディーの飛翔感たっぷりの演奏で、中盤のヒュー・ホッパーのベース・ソロからアルト・サックスとエレピが密やかに絡みあってくるのは妙にエロティックです。A-2からA-3の流れは、ずばり名演!
B-1「C.R.R.C.」(14:00)はアラン・ゴウエン作で、むせび泣くようなアルト・サックスに絡み付いてくるエレピの煌めきからして惹きこまれてしまい14分に及ぶ、本作では最もモダン・ジャズ風な演奏です。前半はサックス、後半はエレピ中心にソロを繰り広げ、テンポやリズムは変化しますが、比較的オーソドックスでリリカルな演奏なので、これからジャズを聴いてみたいと思う方にも最適な名演です。
B-2「One Three Nine」(6:33)はエルトン・ディーン作の軽快なテーマをもつナンバーで、ヒュー・ホッパーのファンキーなベース・ラインの上を、エルトン・ディーンのサックスとアラン・ゴウエンのエレピが軽やかに舞っています。
「カンタベリー」「ジャズ・ロック」といったカテゴライズを超越した名盤です。
【参加ミュージシャン】
Hugh Hopper bass
Elton Dean alto sax, saxello
Alan Gowen electric piano, synthesizer
Dave Sheen drums



※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品のカテゴリー
こちらもご覧ください  レコード:プログレッシブ
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける