1/22(土) 1/26(水)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
FAQ(よくある質問)
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















Carla Bley Band (Feat. Elton Dean & Hugh Hopper) / European Tour 1977 (Rare USA WATT Original)
管理番号 3L-01768商品ID56605589
在庫数 SOLD OUT

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


3L-01768 - Carla Bley Band (Feat. Elton Dean & Hugh Hopper) / European Tour 1977 (Rare USA WATT Original) - Sold Out
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

この商品は売り切れですが、再入荷している場合もございます。
アーティスト名等で検索してみてください。
*** LP : USA / 78 / WATT / 8 ***
■ コンディション ■
A- / A
RW ; 裏ジャケット上部にリングウエアがありますが、抜けや大きな角打ちなどはありません。
盤面にはひげや気になる擦れはなく、中古としては申し分のないコンディションです。
発売当時の内袋を付属(1辺5cmほどセロテープで補強してあります)。

エルトン・ディーンとヒュー・ホッパー、おまけにNRBQのテリー・アダムスまで参加したカーラ・ブレイ・バンドの77年の大傑作です。
本作はタイトルから「ライブ盤」として紹介しているレビューを見かけますが、ツアー中の77年9月にミュンヘンのスタジオで録音されています(裏ジャケットに明記されています)。
本作のやっかいなところは、カーラ・ブレイは知名度のわりにはセールスがともなわず、おまけにジャズ専門店でも「ストレート・ジャズ」「フリー・ジャズ」「ビッグ・バンド」など店によって置いてあるコーナーが違うし、更にエルトン・ディーンとヒュー・ホッパー参加なのでその手の店では「プログレ」にあったりと、ジャンル別け困難でなかなか見つからないアルバムということでしょう。
さらに、80年以前のカーラ・ブレイは欧州での人気の方が高かったようで、ヨーロッパでの「WATT/ECM」盤は時たま見かけますが、オリジナルとなる米盤はほとんど見かけません。
さて、本題です。
カーラ・ブレイは60年代のフリー・ジャズの重要人物で、チャーリー・ヘイデンの歴史的傑作『Liberation Music Orchestra』(69年)にピアニスト兼アレンジャーとして参加したことで広く知られるようになりました。
当時の夫マイク・マントラーと「Watt」レーベルを立上げ、ジャズをベースにしつつもジャック・ブルースやロバート・ワイアットなどのロック・ミュージシャンも積極的に登用した意欲作を数多く残しています。
本作ですが……カーラ・ブレイのレコードはほとんど聴いてきたにもかかわらず今まで気付かなかったのですが、ソロ名義ではデビュー作だったんだわ。
よく「辛辣で嘲笑的なユーモア」とか「実験的かつポップ志向」などと評されますが、カーラ・ブレイは純粋に「自分のやりたいことをやってる」んちゃうんかな〜?
出来不出来はあるけれどカーラ・ブレイのアルバムは単純に楽しいし、本作に参加している元ソフト・マシーンのエルトン・ディーン(as)とヒュー・ホッパー(b)、ゲイリー・ウィンド(ts)なんて一癖もある二癖もあるツワモノたちが、これほどノビノビと演奏しないと思うのよね。
とにかく本作を一言で言えば、『カーラ姉さんにひれ伏した一流ミュージシャンが頑張っているのだ!』ってとこかな?
それじゃ、いい加減な各曲感想をm(__)m
A-1「Rose and Sad Song」(11:05)は「おいおいムード歌謡」かよってなイントロで始まるエロティックなラテン・テイストの前半から、後半の渋さ知らズがカスに思えるソロ回しに流れる自由気儘な演奏です。
A-2「Wrong Key Donkey」(7:47)は映画のオープニング・テーマのようなホーンアン・サンブルの後に、エルトン・ディーンがソフト・マシーン他でのアヴァンギャルドな演奏とは正反対の正統派ジャズ「泣きのソロ」を聴かせ、エルトン坊やに寄り添う「カーラ姉さん」のチープなエレピもタマランでっすん*^^* 個人的には本作のハイライトです!
B-1「Drinking Music」(4:18)は哀愁のキャバレー音楽でして、クルト・ワイルを思い出しちゃいました……そっか、本作が「ドイツ録音」を思い切り納得?
B-2「Spangled Banner Minor and Other Patriotic Songs」(19:17)は、嫌味なほどマイナーにアレンジした『星条旗よ永遠なれ』」に始まり、オリジナル曲や、ドイツやらフランスやらのナショナル・アンセム(国歌)をドシャメシャにメドレーで演奏しており、有名な『ウッドストック』でのジミヘンの演奏に引けをとらないってか、この曲のほうがよっぽど毒気が強い! エルトン・ディーンやヒュー・ホッパーそしてゲイリー・ウィンドといった英国ミュージシャンも溌剌としています。大統領選挙に合わせてツアーをするようになった80年代のフランク・ザッパのライブ音源よりもよっぽど毒気とユーモアがあり、「世界遺産的名演」と断言します!
そっか、言い忘れてた……
我耽溺のヒュー・ホッパーですが、いつになく正統派ベーシストに徹しているんだが……例えばB-2「Spangled Banner Minor and Other Patriotic Songs」の終盤などで、我慢できずにエフェクトかけまくった変態ベース・プレイを披露しております。
ジャズやロックを飛び越えた、とんでもない名盤だと思います!!!
滅多に見かけない、USオリジナル盤です。
【参加ミュージシャン】
Carla Bley - organ, tenor saxophone
Michael Mantler ? trumpet
Elton Dean - alto saxophone
Gary Windo - tenor saxophone
John Clark - french horn
Roswell Rudd ? trombone
Bob Stewart ? tuba
Terry Adams ? piano
Hugh Hopper - bass guitar, bass drum
Andrew Cyrille - drums
【収録曲】
A-1. "Rose and Sad Song" - 11:05
A-2. "Wrong Key Donkey" - 7:47
B-1. "Drinking Music" - 4:18
B-2. "Spangled Banner Minor and Other Patriotic Songs" - 19:17
All compositions by Carla Bley
Recorded at at Bavaria Musik Studios, Munich, Germany in September 1977.



※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける