4/27(土)  5/1(水)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
当サイトへのリンク
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。



















Audience / Audience (UK Polydor Original!)
管理番号 2L-04651商品ID61084778
在庫数 SOLD OUT

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2L-04651 - Audience / Audience (UK Polydor Original!) - Sold Out
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

この商品は売り切れですが、再入荷している場合もございます。
アーティスト名等で検索してみてください。
*** LP : UK 1969 / Polydor / 583 065 ***
■ コンディション ■
A / A-
ジャケット:ブラックざら紙の雰囲気抜群のジャケットです。ほとんど使用感のない極美品。
ディスク:ヒゲがほんの少し。盤面は薄擦れちらほらの美品。
マトリクスはA//1▽420 B//1▽42。
パテントNo.入り穴開きビニール内貼り内袋付属。

オーディエンスの69年のデビュー作。
サックスや木管を大胆に導入したアコースティック主体の演奏でジャズ色のある独特のフォーク・ロックを奏でる名作です。
見た目のジャケットの印象だけだと、ジャーマン・アンダーグラウンド・サイケのような印象を受けるかもしれませんが、演奏は英国フォークを基調に、ジャズやR&Bなど多彩な音楽性を織り交ぜていてバンドの個性となっています。
サックスが前に出る曲ではジャズ・ロックに近いし、木管が響く曲では哀愁の英国トラッド風になるし、性急なリズム変化のヴォードヴィル調の曲があったり、黄昏の英国スワンプ調の曲があったりで、70年前後の「雑食サウンド」なのですが、1969年という最良の年を体現した最良の作品です。
個人的にたまらないのは、A-6「Too Late I'm Gone」。曲の基調はゴスペル・フォーク(?)なのにストーンズの「悪魔を哀れむ歌」みたいなリズムにスワンプ・テイスト満開のサックスを強引に突っ込む無茶苦茶さで、この路線でアルバムを作っていたら「英国スワンプ系ロックの歴史」は大きく変わっていたことでしょう(言い過ぎかしらん?)。
サイケ・ハード・プログレがまだまだ未分化だった69年ですが、フォークを基調としたバンドでここまで大胆にやったバンドはないですよ!
強力大推薦!!

英国ポリドールオリジナル盤美品です。
この作品はリリース後まもなく回収されてしまい激レアとなったというのが定説になっています。本当のところはどうなのかよくわかりませんが、単にあっという間に廃盤になったというような気もします。激レアなことは間違いないです。
お見逃しなく!!

A-1. Banquet
A-2. Waverley Stage Coach
A-3. River Boat Queen
A-4. Harlequin
A-5. Heaven Was An Island
A-6. Too Late I'm Gone
B-1. Maidens Cry
B-2. Pleasant Convalescence
B-3. Leave It Unsaid
B-4. Man On Box
B-5. House On The Hill

Howard Werth acoustic guitar, lead vocals
Keith Gemmell saxes, all woodwind
Tony Connor drums, percussion
Trevor Williams bass, keyboards, vocals

Producer Chris Brough

※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける