12/2(水) 12/5(土)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
当サイトへのリンク
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















Julie Tippetts (Julie Driscoll) / Sunset Glow (US)
管理番号 2L-05385商品ID74736207
販売価格 3,280円(税込)
購入数

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2L-05385 - Julie Tippetts (Julie Driscoll) / Sunset Glow (US) - 3,280円(税込)
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

*** LP : USA 1975 / Utopia / BLU1-1248 ***
■ コンディション ■
B- / A- / DJ WD
ジャケット:水に濡れた跡があり全体に波うち、シミが見られます。四隅、上下辺スレ。表面は軽いスレのみ。裏面にプロモの型押し。
ディスク:ヒゲ無し。わずかな使用感のみの美品です。
内袋は新しい穴開きタイプが付属。

元ブライアン・オーガー・アンド・トリニティーのジュリー・ティペッツ(旧姓ジュリー・ドリスコール)の2ndソロ・アルバム(75年)は、マイナー・レーベルからのリリースということで入手は困難なアルバムです。
キース・ティペットと結婚し、フリー・ジャズやインプロヴィゼーションへ傾倒していくジュリーですが、本作は「ジャズ・ロック」の範疇で語れる最後のアルバムでしょう。
参加メンバーは1st『1969』と同様に、夫となったキース・ティペットとエルトン・ディーンやマーク・チャリグなど元キース・ティペット・グループのメンバーを中心に、元ブロッサム・トゥーズのブライアン・ゴッチング、加えてキング・クリムゾンの客演で知られる英国フリー・ジャズの重要人物ハリー・ミラーやルイ・モホロといった強力なラインナップです!
前作『1969』はリンダ・ホイールを擁したアフィニティーばりの(埋もれてしまった)「ジャズ・ヴォーカル・ロック」の大傑作でしたが、本作は内省的でジャージーなヴォーカル・アルバムといった風情です。
前作同様ここが重要なのですが、腕っこきのミュージシャン参加だとテクニック自慢のつまらない内容になっちゃうことが多々ありますが、本作ではテクニックを全面にブリブリとソロを展開することなく、あくまでもジュリー・ドリスコールの豊潤なヴォーカルを引き立てるために、バンド・アンサンブルに徹しているのですね。
ジュリー・ティペッツが「ロック・フィールド」に残した最後のアルバムです。
熱烈大推薦!

参加メンバーを中心に収録曲の簡単なコメントを記しておきます。
A1「Mind Of A Child」はしっとりとしたヴォーカル・ナンバーで、夫であるキース・ティペットの正統派ジャズ・ピアノや音数こそ少ないが的確なブライアン・ゴッチングのギター、そしてエルトン・ディーンらのホーンが優しく包み込んでいます。んでも、ホーンの歪んだアレンジは一筋縄ではいかないところでしょう。
A2「Ocean And Sky (And Questions Why?)」はA1にリズム隊が加わった編成のちょっとスワンピーな前作『1969』を踏襲したミディアム・スローの曲で、ピアノやホーンはかなり猥雑でジュリー・ティペッツ(ジュリー・ドリスコール)もフリー・ヴォイシングよりですが、「インプロヴィゼーション+スワンプ」というほとんど説明のなっていない文言を肌感覚でご理解頂ける方には、極めて面白いナンバーでしょう。
A3「Sunset Glow」はマーク・チャリングとハリー・ミラーというキンクリ『アイランド』を支えた2人のみを従えたジャージーな曲です。
A4「Now If You Remember」は相性バッチリのブライアン・ゴッチングとの2分にも満たない小曲ですが、「英国女性SSWの理想系」ともいえる素晴らしい曲です。
B1「Lillies」はジュリー・ティペッツ1人の多重録音(クレジットのない男性コーラス入り)による呪術的なバラッドです。
B2「Shifting Still」は夫であるキース・ティペットとのデュオ・ナンバーで、繊細なアコースティック楽器にの響きにウットリとしてしまう曲です。
B3「What Is Living」がA2に続き相性バッチリのブライアン・ゴッチングとの演奏によるアシッド・フォーク。ブライアン・ゴッチングのギターも切れまくっていて、この2人にはこの曲の路線でアルバムを一枚でも残して欲しかったな〜……
B4「Behind The Eyes」は再びジュリー・ティペッツ1人の多重録音で、シェーラ・マクドナルドのような凛とした美しさのあるSSW的名曲ですね。

A1 Mind Of A Child 5:08 ; Julie Tippetts - vocals, piano, Keith Tippett harmonium, Brian Godding guitar, Mark Charig cornet, Nick Evans trombone, Elton Dean - alto sax
A2 Ocean And Sky (And Questions Why?) 5:16 ; Julie Tippetts - vocals, guitar, Keith Tippett piano, Brian Godding guitar, Mark Charig cornet, Nick Evans trombone, Elton Dean - alto sax, Louis Moholo drums, Brian Belshaw - double bass
A3 Sunset Glow 7:51 ; Julie Tippetts - vocals, piano, Mark Charig - cornet, tenor horn, Harry Miller - double bass
A4 Now If You Remember 1:55 ; Julie Tippetts - vocals, guitar, Brian Godding - guitar
B1 Lillies 5:43 ; Julie Tippetts - vocals, piano, guitar, clay drum
B2 Shifting Still 4:21 ; Julie Tippetts - vocals, guitar, Keith Tippett - piano
B3 What Is Living 2:28 ; Julie Tippetts - vocals, guitar, tambourine, Brian Godding - guitar
B4 Behind The Eyes 5:13 ; Julie Tippetts - vocals, piano



※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品のカテゴリー
こちらもご覧ください  レコード:プログレッシブ
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける