12/1(水) 12/4(土)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
FAQ(よくある質問)
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















Fishbaugh, Fishbaugh And Zorn / F F And Z
管理番号 2L-05419商品ID76005006
在庫数 SOLD OUT

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2L-05419 - Fishbaugh, Fishbaugh And Zorn / F F And Z - Sold Out
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

この商品は売り切れですが、再入荷している場合もございます。
アーティスト名等で検索してみてください。
*** LP : UK 1972 / CBS / 64783 ***
■ コンディション ■
A- / A-
ジャケット:非コーティングの見開きジャケ。中面中央部が開口部のユニパック仕様。裏面は白地のため軽い薄汚れがあります。中面左端に小さな丸シール。全体に軽い使用感がありややB+寄りですが、背文字もばっちりでしっかりとした良品です。
ディスク:レーベルにヒゲが少し。盤面自体はわずかな使用感のみの美品です。
マトリクスはA2/B2(たぶんこれしかないと思います)。
CBSの(トニー・ベネットのもの)カンパニー内袋付属。

ラビリンス【6003番】でもTudor LodgeやWooden Horseにたとえて激賞されていたフィッシュボー・フィッシュボー・アンド・ゾーンの唯一の名作。ちなみにラビリンスは綴りが間違っています。めっ!
実はよく知らないのですが、フィッシュボー夫妻とアメリカ人ゾーン氏という組み合わせらしいです。
確かにチューダーロッジやウッデン・ホースを思わせるドリーミーなハーモニーも聴きどころではありますが、バンドが付く曲でのRichard & Linda Thompsonばりのタイトな演奏も最高。
静と動の対比も見事でフォークロック好きにとってはこたえられない作品に仕上がっています!
紅一点ポーラのリードヴォーカルパートがもっと多ければもっと有名盤になっていたことでしょうね。
強力推薦盤!











A1 Love Comes Around
A2 Hint Of A Freeze
A3 I Owe Her My Life
A4 This Time Around
A5 Door Into Tomorrow
A6 Leave Me Alone (Let Me Rock'n Roll)
B1 Rock & Roll
B2 Spaced On Happy
B3 Children Are Wandering
B4 Red (Became The Colour Of Spring)
B5 Sorrows From Your Dreams
B6 That Sweet Sweet Music
B7 So Deep

Vocals, Bass, Guitar, Piano Pete Zorn
Vocals, Guitar, Percussion Gary Fishbaugh
Vocals, Piano, Percussion Paula Fishbaugh
Drums Ray Duffy, Terry Cox
Guitar Brian Daly, Gordon Huntley, Junior Campbell, Richard West, Stuart Cowell
Percussion Mike Stone
Piano Junior Campbell, Reg Guest
Violin Graham Preskett

※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける