3/3(水) 3/6(土)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
FAQ(よくある質問)
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















Dick Gaughan and Andy Irvine / Parallel Lines
管理番号 3L-01948商品ID84195965
在庫数 SOLD OUT

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


3L-01948 - Dick Gaughan and Andy Irvine / Parallel Lines - Sold Out
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

この商品は売り切れですが、再入荷している場合もございます。
アーティスト名等で検索してみてください。
*** LP : W. Germany / 82 / Folk Freak / FF 4007 ***
■ コンディション ■
A / A
ジャケット、盤面とも一切のダメージのない、中古としてこれ以上は望めないコンディションです。
4ページの歌詞カードを付属しています。
マトリクスは枝番なし(プレスはこの1回だけでしょう)。

スコティッシュを代表するディック・ゴーハンと元スイニーズ・メンのアンディー・アーヴァインの双頭アルバムで、ドイツのみリリースのレア盤です(82年)。
結論から申しますと、スコティッシュとアイリッシュ、60年代フォーク(トラッド含む)と70年代のエレクトリック・トラッドや米国フォーク・ロックのミッシング・リンクを繋ぐ奇跡的な1枚でしょう。
トラッドを中心にディック・ゴーハンの自作曲やボブ・ディランのカヴァーを収録しています。
各々のルーツに当たるスコットランドとアイルランドの音楽を反映した演奏で、ディック・ゴーハンとアンディー・アーヴァインという稀有なヴォーカリストの競演を思う存分楽しめる内容になっています。
恥ずかしながら、今回の入庫まで本作の存在を知りませんでしたが、内容は素晴らしいです!
では、各曲の簡単な印象を……
A-1「The Creggan White Hare (Trad)」 Sung by Andy Irvine  ハーモニカによる導入部やトーキング・スタイルのヴォーカルなどなど、米国音楽の出自の一つがアイリッシュにあることを感じさせてくれる楽曲です。その一方、古典的英国トラッドのスタイルも見事に踏襲しています。
A-2「Lads o the Fair (McNeill)/ Leith Docks (Gaughan)」 Sung by Dick Gaughan  ディック・ゴーハン主体のSSWスタイルの楽曲。ディック・ゴーハンのファンにはたまらないでしょう。
A-3「At Twenty-one (Trad)」 Sung by Andy Irvine  A-2から一転、70年代初頭の英国フォーク好きのツボを付きまくる英国産演歌とでも申しましょうか、艶かしいバラッドです。
A-4「My Back Pages (Dylan)/ Afterthoughts (Gaughan)」 Sung by Dick Gaughan  ディラン作でバーズでもお馴染みの「My Back Pages」をディック・ゴーハンがディランの特徴的な歌い方を真似っこした前半から、ディック・ゴーハンのオリジナルに流れるメドレー。フィドルでつけるパートをサックスにするなど、ディランやマーティン・カーシーの1世代下のディック・ゴーハンがいかに彼等をリスペクトしているのかが判るでしょう。
B-1「The Dodgers Song (Trad)」 Sung by Andy Irvine  ディック・ゴーハンとアンディー・アーヴァインの掛け合いとフィドルがなんとも軽妙なナンバーで、A-1と同様米国のカントリーやブルーグラスのルーツが英国トラッドにあることを知らしめてくれます。
B-2「Captain Thunderbolt (Trad)」 Sung by Andy Irvine  ブズーキでディック・ゴーハンが伴奏するだけでアンディー・アーヴァインの弾き語りなのですが、「Shady Groves」を踏襲したようなナンバー! ディック・ゴーハンのソロ作にはない軽快さが引き立っています。
B-3「Captain Colston (Trad)」 Sung by Andy Irvine  ウム、これは大好きだ! 姫〜ルがコーラスを付いていたら昇天ものの美曲*^^* 姫〜ルの代わりにフィドルが寄り添っています。
B-4「Flouers o the Forest (Trad)」 Sung by Dick Gaughan  ディック・ゴーハンが重厚に弾き語る前半、中盤でのケルテックなインスト、後半で再びディック・ゴーハンの重厚な歌声を堪能できます。
大推薦!
【収録曲】
A-1. The Creggan White Hare (Trad) 4:45 Sung by Andy Irvine
A-2. Lads o the Fair (McNeill)/ Leith Docks (Gaughan) 3:45 Sung by Dick Gaughan
A-3. At Twenty-one (Trad) 3:57 Sung by Andy Irvine
A-4. My Back Pages (Dylan)/ Afterthoughts (Gaughan) 5:25 Sung by Dick Gaughan
B-1. The Dodgers Song (Trad) 2:58 Sung by Andy Irvine
B-2. Captain Thunderbolt (Trad) 4:06 Sung by Andy Irvine
B-3. Captain Colston (Trad) 5:34 Sung by Andy Irvine
B-4. Flouers o the Forest (Trad) 7:36 Sung by Dick Gaughan
【参加ミュージシャン】Dick Gaughan ; Acoustic and Electric Guitar, Bass, Vocals  Andy Irvine ; Bouzouki, Mandola, Mandolin, Harmonica, Vocals  Martin Buschmann ; Saxophone  Nollaigh Ni Cathasaigh ; Fiddle  Judith Laenicke ; Flute  Bob Lenox Fender Rhodes Piano

※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品のカテゴリー
こちらもご覧ください  レコード:英国 フォーク / トラッド
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける