8/19(水) 8/22(土)
カートの中身を見る
カートに商品はありません
ご利用案内
コンディション表記
送料/お支払い方法
当サイトへのリンク
お友達サイト
サイトマップ
DISK-MARKETの不定期メルマガです。
新入荷情報等をお送りします。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
URLはPCと同じです。
スマートフォンでも簡単に閲覧、ご購入ができます。





















Susan Taylor / Finally Getting Home (Rare Promo)
管理番号 2L-06151商品ID89280336
在庫数 SOLD OUT

その他の画像:クリックして拡大画像が見られます


2L-06151 - Susan Taylor / Finally Getting Home (Rare Promo) - Sold Out
コンディション違い、仕様違いの同タイトル盤があるかもしれません。アーティスト名等で検索してみてください。

この商品は売り切れですが、再入荷している場合もございます。
アーティスト名等で検索してみてください。
*** LP : USA 1972 / JMI / JMI-4002 ***
■ コンディション ■
B+ / A- / DJ WOC
ジャケット:四隅スレと軽いつぶれ。背表紙、上下辺はきれい。開口部スレ。正面はわずかな薄スレのみできれい。裏面はスレ/薄汚れ少々。NOT FOR SALEのスタンプ。全体にA-寄りの良品です。
ディスク:レーベルはヒゲ無し。盤面は薄スレが少しあるだけできれいです。B面にちょっと目につくラインが1本ありますが表面的なもので音には出ません。
歌詞掲載の内袋付属。

マニアの間では女性フォーキーSSWの最高作に挙げる人もいるスーザン・テイラーの72年唯一ソロ作「ファイナリー・ゲッティング・ホーム」。
60年代にフォークグループ Pozo-Seco Singersのメンバーとして活躍した人で、なかなかの才女。本作後はソングライターとしても活動したようです。
基本となるフォーキーサウンドに、カントリー風味、スワンプ風味、さらにはB面ラストではもろにルイジアナ・スワンプポップ風の泣きのロッカバラード(死ぬほど好きなんだなこれが、リピートしまくりです)なんかもあって、ちょっとファニーで甘いヴォーカルがたまらない味を醸し出しています。
ナッシュビル録音でケン・ローバーやレーベルメイトのボブ・マクディルも参加。
マイナーながら曲よし、ヴォーカルよし、演奏よしの完璧な女性シンガーソングライター作品ではないでしょうか。
個人的にも大の愛聴盤。
地球規模でも探している人が多い大人気のレア盤です。
強力大推薦盤!!
お見逃しなく!

[A]
1.Through The Looking Glass
2.Let Time Be Your Friend
3.Sand Mountain Blues
4.So Fine
5.When The Baby In My Lady Gets The Blues
[B]
1.If You Really Want Me To I'll Go
2.Like A Wheel
3.Won't You Take Me In
4.My Blue Ridge Mountain Boy
5.A Way To Go On

Produced by Allen Reynolds

Susan Taylor Guitar, Harmonica, Vocals
Bob McDill Banjo, Guitar
Allen Reynolds Horn, Vocals
Billy Sanford Bass, Guitar
Henry Strzelecki Bass, Guitar
Lloyd Green Guitar (Steel)
Jim Casey Saxophone
Charles Cochran Keyboards
Jim Isbell Drums
Ken Lauber Keyboards


※ご注文商品の発送は、毎週水曜日、土曜日に行っています。
※コンディション表記は、「ジャケット / 盤質」の順になっております。
★ご注文後通常は数分以内に「ご注文ありがとうございます」という自動メールが届きます。1時間たっても届かない場合は右上の「お問い合わせ」からお電話番号を添えてご連絡ください。


Overseas visitors, we welcome you! If there are any interesting item to you, please feel free to contact us clicking upper right [Contact Us] button.
We accept Paypal. Your want list is welcome especially for Japanese press.
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける